医療法人前田会 前田耳鼻咽喉科気管食道科
TEL:0598-51-4133 FAX:0598-52-6905
Home
耳の病気
鼻の病気
のどの病気
入院手術料金
検診実績

医院概要

アクセス

 

   

鼻症状

鼻がつまる

鼻みずが出る

くしゃみがでる

鼻血が出る

においがわからない
 
鼻がにおう
 

鼻がつまる病気は、何種類かあります。

鼻づまりだけの症状

次のような病気が考えられます。

          1)軽い風邪による急性鼻炎
          2)鼻中隔弯曲症
          3)肥厚性鼻炎

1)の場合は、一般的な風邪の治療で治りますが、耳鼻科的な鼻の治療を受けると早く治ります。

また、症状が長引くと副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまうこともありますので

早めに耳鼻科を受診するほうが良いでしょう。


2)は鼻の中で左右の鼻の間の壁が曲がっているために、

鼻づまりが起こります。鼻中隔の弯曲は、薬では治りませんが、

比較的簡単な手術で治すことができます。


3)は鼻の中の粘膜が肥厚しているために、鼻づまりが起こります。

2)の鼻中隔湾曲症と合併していることも多く、

同時に手術することが多いようです。



鼻づまり以外に黄色い鼻みず、青っぱな、
 どろっぱななどが出る

副鼻腔炎(蓄膿症)が考えられます。

急性副鼻腔炎の場合は、抗生物質と鼻内の処置によって比較的早く治ることも多いようです。

慢性副鼻腔炎の場合は、消炎剤などの薬と鼻内の処置を受け、

長期間治療を受けても治らないことがあります。

これは鼻内の構造の異常が慢性副鼻腔炎の原因になっており、

また治療の効果を妨げていることが多いようです。

このような場合は、手術による治療が効果的です。

慢性副鼻腔炎の手術のほとんどは、鼻内の操作だけで可能なことが多く、

痛みや出血の少ない手術が可能です。このような手術を受けるには、

多くの手術経験をもった耳鼻科に受診することをおすすめします。


 

症状一覧へ

 

くしゃみがでる

アレルギー性鼻炎が考えられます。

アレルギー性鼻炎の治療には、薬による治療(内服薬、点鼻薬)、
減感作療法、 レーザー治療、手術治療 などがあります。

症状や鼻内の状態、患者さんの希望などによって適した治療が選択されます。

このようにアレルギー性鼻炎の治療は幅が広いので、重症の患者さんは

このような治療法に対応できる耳鼻科を受診したほうが良いでしょう。

 

症状一覧へ

 

鼻血がでる

鼻血を出しながらコンピューターを触っている人はいないと思いますが、

もしいたらすぐコンピューターの電源を切って、

ティッシュペーパーか綿を2cmほど鼻につめて外から押さえてみて下さい。

5分程度で止まれば心配ないでしょうが、止まらなかったり、

鼻の後ろからのどに流れたりするようなら

耳鼻科を受診したほうがいいでしょう。

また、腫瘍や異物が鼻血の原因であることもあります。

鼻づまりや鼻がにおう等の症状もあるようならすぐに耳鼻科に行ったほうがいいでしょう。

 

症状一覧へ

 

においがわからない

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻中隔弯曲症

(鼻の中のまん中の壁が曲がっている)などによって、

においを感じる部分が狭くなっていたり、粘膜が障害されている場合は、

通院治療や鼻内の形を治す手術によって改善する可能性があります。

鼻内の状態には異常がなく、においを感じる神経が障害されている場合は、

神経を回復させる薬によって改善する可能性があります。

しかし、前述の場合よりは回復は難しいようです。

他にも、頭部の外傷などで脳に障害を受けた場合でも

においがわからなくなることがあります。

いずれにしても、早く治療を受けたほうが治る可能性が高いので、

早めに耳鼻科を受診して下さい。

 

症状一覧へ

 

鼻がにおう

副鼻腔炎(蓄膿症)がまず考えられます。

その他、鼻の腫瘍、異物(特に子供の場合)などでも

同様の症状を起こします。

このような症状があれば、早く耳鼻科を受診して下さい。

急性副鼻腔炎の場合は、抗生物質と鼻内の処置によって比較的早く治る

ことも多いようです。

慢性副鼻腔炎の場合は、消炎剤などの薬と鼻内の処置を受け、

長期間治療を受けても治らないことがあります。

これは鼻内の構造の異常が慢性副鼻腔炎の原因になっており、

また治療の効果を妨げていることが多いようです。

このような場合は、手術による治療が効果的です。

慢性副鼻腔炎の手術のほとんどは、鼻内の操作だけで可能なことが多く、

痛みや出血の少ない手術が可能です。

このような手術を受けるには、多くの手術経験をもった耳鼻科に受診する

ことをおすすめします。
 

症状一覧へ

Copyright(C)2007 三重県松阪市 前田耳鼻咽喉科気管食道科 ALL RIGHTS RESERVED.